【英会話力アップの方法】聞き上手になるために鍛えるべき3つの能力

こんな方におすすめの記事です。
英語初心者~中級者の方
英会話力をアップさせたい方
スピーキング力に自信がない方
これから留学に挑戦する方
人気者になりたい方
外国人の友達を増やしたい方
本記事のコンセプト
英会話力をアップさせるために鍛えるべき3つの力をお伝えします。この記事を読めば英語の強化すべきポイントが分かり、具体的な行動に移せるようになります。
ソロもん
こんにちは。
朝活ブロガーのソロもんです。
(  @yojihan_Solomon )

前回、英会話を上達させるためにまずは聞き上手を目指せとお伝えしました。

 よじはん生活
よじはん生活
人生を豊かに生きる
続きを読む>>
ソロもん
まだ読んでない人は、深く理解するためにも必ずそちらの記事から読んでくださいね。

英会話力をアップさせるためには「ペラペラ話す能力」ではなく「積極的に聞く能力」を鍛えることが近道です。

しかし、聞く能力を鍛えろと言われても、具体的に何を始めたらいいのか分からないという人もいるかと思います。

ということで、今回は聞き上手になるために鍛えるべき3つスキルとその方法について超わかりやすくお伝えしたいと思います。

聞き上手になるために鍛えるべき3つの力

聞き上手になるために、この3つの力を磨いていきましょう。

  • リスニング力
  • 5W1Hの疑問文を瞬時に作る能力
  • 相手の話した内容をまとめる能力

1つずつ見ていきましょう。

リスニング力

聞き上手というぐらいです。

まずはリスニング力を鍛えましょう。

せっかく質問して相手に答えてもらっても聞き取れなければ会話になりません。

ピッコロ
ソロもん先生、普段のテストでリスニングのパートが全くダメなんですけど、何から始めれば良いですか?
ソロもん
リスニングを鍛える方法はたくさん提案されているけど、 僕は圧倒的にシャドーイングをおすすめします。
ピッコロ
しゃどーいんぐ??
シャドーイングとは聞こえた英語を少しだけ遅れて発音するというリスニングの練習方法です。

少し遅れて影のようについていくことからシャドーイングと呼ばれています。

シャドーイングを徹底してやり続ければ必ず英語は聞き取れるようになります。

大のリスニング弱者だった僕が伸びた方法なので間違いないありません。

ピッコロ
ソロもん先生もリスニングができない時代があったんですね。
ソロもん
(センター試験のリスニング12点,TOEICリスニング280点だったことは秘密です。)
ピッコロ
 え!!くそザコじゃないですか!
それなら、僕もシャドーイングやれば伸ばせそうかも!
ソロもん
うん、本当に伸びるから騙されたと思ってやってみてね。

 やり方を説明するとめちゃくちゃ長くなるため、今回は「シャドーイングというやり方があるんだな」と頭に入れてもらえれば大丈夫です。

詳しい練習方法は別記事で解説するので、そちらを参考にしてください。

5W1H疑問文を瞬時に作る能力

聞き上手になるために5W1H疑問文の瞬間英作文をマスターしましょう。

瞬間英作文とは、中学で習うレベルの文型で簡単な英語をスピーディに、大量に声に出して作るというトレーニングです。

このトレーニングを続けることで、頭の中に英語回路を作ることができます。 俗に言う「口からスラスラ英語が出てくる状態」ですね。

基本的には一文でも多くの瞬間英作文を覚えるのがベストです。

しかし、初めのうちは最優先で5W1Hを使った疑問文を即座に言えるようになりましょう。

圧倒的に登場頻度が多いからです。

5W1Hとは、この6つです。

  • What (何)
  • Why (なぜ)
  • When (いつ)
  • Who (誰)
  • Which (どちら)
  • How (どのように、どんな)

この6つを使った疑問文を完全に使いこなせるまで反復して練習してください。

疑問文がスラスラ出てくるだけで会話のテンポが抜群に良くなります。

ピッコロ
ソロもん先生、瞬間英作文を練習するためにおすすめの参考書とかありますか?
ソロもん
瞬間英作文の本もAmazonで調べれば大量に出てきますが、とりあえずこの1冊を徹底してやりこめば十分です。

言わずと知れた圧倒的名著ですね。

僕は、この本を10周以上徹底的にやりこんだ結果、英会話力を圧倒的に伸ばすことができました。

瞬間英作文で伸びる理由具体的なやり方が分かりやすく解説されており、超実践的な一冊です。

いろんなシリーズが出ていますが、青色(上で紹介したもの)を一冊やれば十分です。

ソロもん
僕は赤と緑にも手を出しましたが、別にやらなくてもよかったなというのが正直な感想です。

相手の話した内容を要約する能力

ただリスニング力を鍛えて疑問文をマスターするだけでは聞き上手にはなれません。

聞き上手になるために最も重要なこと。

それは、相手の話した内容を一言で要約する力です。

会話例

要約するイメージを掴んでいただくために、ソロもんとピッコロの会話を覗いてみましょう。

ソロもん
Did you go out somewhere?

昨日どこか出かけたの?

ピッコロ
Yah, I went to AEON with my girlfriend and saw the movie. Then, We ate a delicious dinner. It was so wonderful day!

うん。彼女とイオンにいって映画見て、その後おいしいディナーを食べて、最高の一日だったよー。

ソロもん
Oh, You spent great time with your girlfriend, right?

How was the movie?

彼女と楽しい時間を過ごせたんだね!映画はどうだった?

ピッコロ
Umm, it was not good honestly. It was hard to understand without reading the original work in advance.

I was like very gloomy after the movie ended.

However, I was happy to see the movie with my cute girlfriend.

映画は正直微妙だったかな。原作を読まないと分かりにくい内容で、終わったあとすごくモヤモヤしたよ。

でも、かわいい彼女と映画見れただけで僕は満足かな。

ソロもん
I see. You mean, it was the very difficult movie, right? Anyway it’s OK if you were satisfied.

How about dinner? Where did you go?

そっかー、難しい内容だったんだね。まあでも、満足できてよかったよ。ディナーはどこにいったの?

振り返り

ピッコロが彼女自慢をするだけのくそつまらない話でしたが、注目すべきはソロもんの返答です。

ピッコロ
誰がくそつまらない話やねん。 
彼女と楽しい時間を過ごせたんだね!映画はどうだった?
難しい映画だったんだね。まあでも、満足できてよかったよ。ディナーはどこ行ったの?
はじめに、ピッコロの話したことを要約してから次の質問をしています。

この「要約してから質問する」というリズムがポイントです。

相手の話したことを要約する2つのメリット

この「要約+質問」のリズムには3つのメリットがあります。

  1. 聞き間違いを防げる
  2. 思考が整理されて話しやすくなる
  3. 会話のテンポが良くなる

まず、要約することで聞き間違いを防ぐことができます。

英語初級者のうちは相手の話したことを完璧に聞き取ることはできません。

You mean, ~, right?

と要約することで、

ちゃんと聞き取れてる?
この理解で大丈夫?
答え合わせしてね

という意味を含めることができるわけです。

ソロもん
“You mean ~,right?”
はネイティブでも多用する超便利な表現です。ぜひ覚えて明日から使ってみてください。

2点目に、要約することで話し手の思考が整理されて、より話しやすくなります。

長々と語っていると話し手も何を話していたのか分からなくなることが多々あります。

ソロもん
特にピッコロ君のようなタイプの人はね。
ピッコロ
ぐぬぬ。確かに話しながら迷子になることはよくある…。

そこで、要約した一言を添えてあげるだけで相手は思考が整理されてより話しやすくなるのです。

相談に乗るときなど特に有効な方法ですね。

最後に、要約+質問のリズムを取り入れることで会話のテンポがよくなります。

さきほどの会話を、ソロもんが要約した部分を抜いて再現してみます。

ソロもん
昨日どこか出かけたの?
ピッコロ
うん。彼女とイオンにいって映画見て、その後おいしいディナーを食べて、最高の一日だったよー。
ソロもん
映画はどうだった?
ピッコロ
映画は正直微妙だったかな。原作を読まないと分かりにくい内容で、終わったあとすごくモヤモヤしたよ。

でも、かわいい彼女と映画見れただけで僕は満足かな。

ソロもん
ディナーはどこにいったの?
どうですか? どこか無機質で空気を読めないインタビュアーみたいになりますよね。

要約する一言を添えるだけで、相手の話を受け止めるクッションになり、会話のテンポが圧倒的に良くなるのです。

まずは日本語で練習してみよう

要約する能力を英語でいきなり鍛えるのは難しいと感じる方もいるかと思います。

そんな方はまず普段の日本語の会話で練習してみましょう。

これを意識するだけで会話への集中力が変わってきます。

「要約+質問」のリズムを習得すれば言語に関係なく必要な存在になれます。

遠回りだと思わず、まずは日本語でマスターしていきましょう。

ソロもん
とにかく反復が大事!練習あるのみです!

まとめ

以上、英会話力をアップさせるために鍛えるべき3つの力についてお伝えしました。

鍛えるべき3つの力
リスニング力
5W1H疑問文を瞬時に作る能力
相手の話した内容を要約する能力

超シンプルに言えば、「聞く」「質問する」「まとめる」力です。

この3つの力を伸ばせば、晴れて聞き上手の仲間入りです。あなたの英会話力は勝手に伸びていくことでしょう。

英語習得にラクな方法はありません。

ネットであれこれ検索して「聞き流すだけで~」のような怪しい商材に飛びつく暇があったら、

  • 一単語でも多くシャドーイングする
  • 一文でも多く瞬間英作文を作る
  • 一回でも多く会話で要約する練習する

これを繰り返して、確実に手堅く力をつけていきましょう。

地味な努力の先に圧倒的な成功が待っています!

ソロもん
みなさんの英会話力が飛躍的にアップし、国境を越えたコミュニケーションを心から楽しめるよう、これからも全力で記事を書いていきます!

スポンサー