英語を話せるようになるには?英語初心者が持つべきたった1つの心得

ソロもん
こんにちは。
朝活ブロガーのソロもんです。
( @yojihan_Solomon )

みなさんは英語を話せるようになりたいですか?

これだけ英語の重要性が叫ばれている時代。Noと答える人はごく少数派でしょう。

ピッコロ
NO!!
ソロもん
無視無視。

では質問を変えます。

英語を話せると聞いてどんな姿をイメージしますか?

ピッコロ
もうそれは、帰国子女みたいに綺麗な発音で、立て板に水のように英語が流れ出てきて、ときに機転の利いたジョークも言えて、低音ボイスで、美男美女で….
ソロもん
最後の2つは別にいらないでしょ…。

確かに、英語を話せると聞くとそんな姿を想像しますよね。

しかし、今日はそのイメージをぶっ壊しに来ました。

ピッコロ
なんだって!!(打ち合わせ通り)

日本人は英語ペラペラの像を勘違いしています。

日本の英語教育の洗脳により英語を話すことに対して大きな壁を感じているのです。

今回は、伝わる英語とは何かについて考え、英語初心者が持つべき心得をお伝えしていきます。

「英語を話せるにはこれぐらいあれば十分なんだ」と安心してもらえたら幸いです。

日本人の抱く英語ペラペラのイメージ

改めて質問します。

みなさんは英語ペラペラと聞いてどんな姿を想像しますか?

難しい単語や文法を使いこなし、とっさに完璧な語順が頭に浮かぶ
大阪なおみのような綺麗な発音で話す

それぞれ英語ペラペラのイメージを持っていることかと思います。

僕も留学する前はそんな姿をイメージしていました。

まずは英語ペラペラの思い込みを捨てよう!

しかし、声を大にしていいたい。

ソロもん
そのイメージ、一刻も早く捨てて下さい!

純日本人の僕たちがどれだけ勉強してもあんな姿にはなれませんから!

英語学習で最も大事なのはモチベーションの維持です。

モチベーションの火をつけるために、高い理想を掲げるのはかまいません。

しかし、いつまでも見当違いのイメージを持っていては、理想とのギャップに挫折するばかりです。

まずは今持っている英語ペラペラのイメージを捨てて、

身の丈に合った姿」を理想形としてイメージする必要があります。

フィリピン英語との衝撃的な出会い

かくいう僕も、先ほど述べたイメージを持ってフィリピン留学に臨みました。

留学に行くまで、それなりに勉強をしてきたつもりです。

しかし、どれだけ頑張っても縮まらない英語ペラペラ像との距離。

このまま頑張ればトムクルーズみたいになれるのだろうか?

努力量に比例して、不安も大きくなりました。

ピッコロ
(いや、顔的にそれは無理でしょ)

しかし、留学でフィリピンに行った瞬間、その不安は完全になくなりました。

フィリピン人と出会い、僕の中の英語ペラペラ像が180度変わったからです。

彼らは、僕のイメージしていた姿とは完全にかけ離れていました

中学までに習った簡単な単語・文法しか使っていない。
ネイティブの発音とはまるで異なり、はっきりと発音している
たまに語順が文法のルールから外れている

それにも関わらず、自由自在に英語での会話を楽しんでいました。しかも、こってこてのネイティブアメリカ人と。

ここに、僕たちが目指すべき英語のヒントがありました。

具体例

フィリピン人の先生が使っていた英語はたとえばこんな感じです。

You already eat lunch ?

「もうお昼食べた?」という意味です。

僕は衝撃を受けました。

ソロもん

文法めちゃくちゃじゃないか!!過去分詞どこいった!!

Have you already eaten lunch?

って言わなきゃダメだろ!!

しかし、この英語で十分に伝わっていたのです。

しまいには、ネイティブの先生も

Yes, already.

と言い出すしまつ。(本来なら、Yes, I have.が正しいはず)

この衝撃は今でも忘れられません。

英語を話すというのは簡単で凄くシンプル

僕はそれまで「文法絶対!ルール絶対!」という公務員のような頭で英語をとらえていました。

ソロもん
(公務員の方々すみません)

三単現のs
過去形、過去分詞形の違い
副詞の置く位置

に細かく気を使い、頭の中で英作文をしてから話していました。スムーズに話せないのも納得ですよね。

日本の英語教育の被害者は僕だけではないと思います。

ピッコロ
(僕は英語勉強してこなかったから全く被害受けてないや。焦)

しかし、フィリピン人の英語と出会い、ルールに縛られていた頭が解放されました。

英語を話すというのは僕たちが思っている以上に簡単でシンプルだったのです。

難しい表現を使う必要もなければ、語順を正しく守る必要もありません。

分かりやすく簡潔に伝え、相手の心に通じることがすべてなのです。

彼らはどうすれば相手に伝わるかだけを考え、身の丈にあった英語を使いこなしていました。

これまで重く背負っていた肩の荷がスーッと下りるのを感じました。

「なんだ、英語を話すってこんな感じでいいんだ」と

伝わった!という喜びが英語学習で一番大切

英会話初心者が大切にすべきこと。

それは、完璧な英語を話すことではなく、

伝わる喜びを積み上げることです。

自分の発した言葉が相手の心に響き、二人の間に温かい空間が作られる。

その成功体験が積み重なることで英語を話すことがさらに楽しくなります。

もっと伝えたいもっと知りたいという語学本来のモチベーションが沸々と湧いてきます。

心配しなくても正しい発音や語順は上達すれば自然に身についていきます。

まずは「正しい英語を話さなければ」という思い込みを捨て、伝わる喜びを感じてください。

英語は勉強やテストではなく、相手と心を交わすための架け橋なのですから。

ピッコロ
なんか、じーんと来ました。僕も頑張れそうです(名聞き役)

まとめ

以上、英語初心者が持つべきたった1つの心得についてお伝えしました。

英語初心者がやるべきことは伝わる喜びを積み上げることです。

そのためには日本の英語教育が作りあげた思い込みを捨てなければなりません。

なぜ、英語が世界で最も話される人気言語なのか分かりますか?

誰でも使いこなせるぐらいに簡単かつシンプルだからです。

難しく考える必要はありません。

身につけるべきは、かっこつけた正しい英語ではなく、泥臭くても伝わる英語です。

語順、文法、発音いっさいのことを一旦忘れ、伝わる英語をマスターしていきましょう!

これから伝わる英語に関する記事もたくさん書いていくのでそちらも見てくださいね。

それでは今日はこの辺で。Have a nice day!!

ピッコロ
急に英語の先生ぶるやん。

完。

スポンサー