【バギオ最安値】Monol(モノル)の特徴3つを分かりやすく3分で解説

ピッコロ
バギオの語学学校の中でMonolに興味があるけど、具体的にどんな学校なの?

授業料とか学校の様子を詳しく知りたい!

a
そんなお悩みを解決します。
a

ソロもん
こんにちは。
朝活ブロガーのソロもんです。
( @yojihan_Solomon )
大学生のときに12週間のバギオ留学を経験し、現在は某大手メーカーの海外営業マンとして英語を使って仕事をしています。

さらに、バギオ留学のサポーターとして記事の執筆や留学者の支援も行っています。

最近、いろんなサイトの学校紹介ページを読んで思ったことがあります。

情報が多すぎて分かりづらい!!!!

「おすすめのスクール20選!」みたいな記事が乱立し、各校の情報もありきたりな内容ばかり。

これでは読者がどの情報を受けとったらいいのか分かりづらいことこの上ありません。

ということで、僕はその学校にしかない特徴だけを抽出して記事を書くことにしました。図で表すとこんな感じ。

おそらく、ベースの情報はどの学校でも同じだと思うんです。

  • マンツーマンレッスンが多い
  • 学生と講師の質が高い
  • 物価が安くて自然豊か

この辺の情報はフィリピンの学校すべてにあてはまります。本当に重要なのは、

他の学校と比較してどんな特徴があるのか?

ここですよね。

ということで、今回はバギオの超優良校の1つであるMonol(モノル)の特徴3つをどこよりも分かりやすくお伝えしたいと思います。授業料の早見表もあるので是非ご覧ください。

ソロもん
所要時間は3分です。それではいきましょう。

Monolのユニークな特徴3つ

Monolにしかない特徴はずばりこの3つです。

  1. バギオでもトップレベルの安さ
  2. 学生主体でカリキュラムを組める
  3. 経済的な不安ゼロ

1つずつ詳しく見ていきましょう。

バギオでもトップレベルの安さ

Monolの特徴の1つとしてバギオトップレベルの安さが挙げられます。

たとえば、Monolの最安値であるGroup ESLコースでは、なんと97000円で1ヶ月の留学が可能になります。これは間違いなくバギオ最安値です。

Group ESLコース
グループクラスのみ
1日最大7コマ受講可能
4週間で97000円(6人部屋)

Group ESLコースにはマンツーマンレッスンが含まれていないため、このような格安価格での提供が可能になっています。

ソロもん
アウトプット重視の方にはコスパ最強のコースですね。

では、マンツーマンレッスンも含まれているRegular Speakingコース(最も人気)について、ためしにスパルタの名門PINES(パインス)と比較してみましょう。

条件を揃えるため、6人部屋の料金かつ授業コマ数もできるだけ同じコースをピックアップしました

ソロもん
完全に同じコマ数のコースはありませんでした。お許しください。

それでは、こちらの比較表をご覧ください↓

4週間単位で見ると、18000円、12週間になると57000円もMonolの方がお安くなっています。

しかし、肝心の授業数もMonolの方が2コマ(2.5h)多いという事実!Monolの授業料がいかに安いかが見て取れますね。

なぜここまで安いのかというと、マンツーマンレッスンの数を減らし、復習重視のカリキュラムを組んでいるからなんです。

上の図を見ると、マンツーマンレッスンのコマ数でいえばPINESの方が1コマ多いことが分かります。

人件費を極限まで減らし、生徒主体のカリキュラムを組んでいるからこそ、超格安価格の留学を提供できているわけです。

ソロもん
決して授業や寮の質が落ちるわけではありませんよ!

このように、授業料の安さがMonolの大きな魅力の1つだといえます。

学生主体でカリキュラムを組める

学生主体で自由にカリキュラムを組める。というのもMonolならではの特徴です。

Monolでは正規授業以外に最大3.5hの無料授業がついています。

  • Morning Class  6:30~7:00
  • Grammer Class 17:00~18:00
  • Night Class 19:00~21:00


授業の選択も自由ですし、取るも取らないも自由です。さらに、授業ではなくフィットネスプログラムに参加して身体を動かすこともできます。

つまり、授業が終わる17時以降は完全に学生主体でカリキュラムを立てることができるというわけです。

  • 文法を強化したければGrammer Class
  • TOEICを勉強したければNight Class
  • 身体を動かしたければGym
  • 授業の復習をしたければカフェで自習

などなど、自分に合ったスケジュールを立てることができます。

ガチガチに縛られなくても自分を律して生活できるという人にとってはかなり過ごしやすい環境なのではないでしょうか?

学生主体でカリキュラムを管理できるというのがMonolならではの強みといえます。

経済的な不安ゼロ!

Monolならではの特徴3つ目。

経済的な不安がゼロ!

フィリピン留学は格安だと言いつつも、なんだかんだ留学費用って安くはないですよね?

Monolではお金に関する不安を解決するためにさまざまな制度を導入しています。ざっと挙げるとこんな感じ。

  • 1週間体験留学
  • 学費分納制度
  • 100%返金制度

はじめに、1週間体験留学制度

これは最初の1週間を体験留学という位置づけにして、生活や授業スタイルが合わないなと思ったらキャンセルしてお金が返ってくるというものです。(登録料とピックアップ費用は除く)

どうしてもネットや代理店の提供できる情報には限界があります。実際に生活してみたらなんか違ったということもあるでしょう。

そんな不測の事態でも、Monolであればキャンセル&返金して学校を変更できるというわけです。

さらに、学費分納制度というものもあります。

大半の学校では授業料を一括で払うというのが原則ですが、Monolでは心理的・経済的不安を減らすために分割払いを選択することもできます。諸事情により途中で中断してしまっても、負担が最小限で済むわけです。

このように、Monolでは少しでも学生の経済的負担を減らすためにさまざまな努力がなされています。

これは、学生の立場に寄り添うこともさながら、カリキュラムや環境に相当な自信があることの裏付けともいえます。

ソロもん
質の低い学校がこの制度を設けたら、キャンセルだらけですぐに破綻しますからね。

経済的な不安なく留学を実現できるというのがMonolならではの大きな強みといえるでしょう。

Monolのコース別授業料

Monolのコース別授業料は6人部屋、4人部屋、3人部屋それぞれで下記のとおりとなっています。

なお、全てのケースにおいて、

  1. 登録料・ピックアップ費用
  2. 現地での費用

は含まれおりません。ざっくり、下記の料金+5万~10万円(滞在期間による)と考えてもらえれば大丈夫です。

6人部屋 授業料早見表

4人部屋 授業料早見表

3人部屋

Monolの運動施設

Monolにはさまざまな運動施設もあります。勉強後に身体を動かして頭をリフレッシュ。

これが間違いなく最強のルーティンでしょう。

ソロもん
個人的にバスケコートがあるのは激アツです。

Monolのくつろぎ空間

さらにさらに、Monolにはくつろぎ空間もあります。もはやスパランドといっても過言ではありません。

ソロもん
くつろぎすぎて勉強がおろそかになることがないように注意してくださいね(笑)

Monolの指定入学日

Monolにはピックアップの都合上、指定の入校日があります。留学に行く際は下記の日程のいずれかを選んでご入学ください。

最後に

以上、Monolの特徴3つをお伝えしました。

最後にまとめます。

Monolの特徴は超シンプルにいうと、安い!ユニーク!お金の心配ゼロ!

安い:バギオ一の格安費用で留学を実現できます。

ユニーク:長時間の拘束はせず、学生主体で個々人にあったカリキュラムを立てることができます。

お金の心配ゼロ:1週間の体験留学、分割払い、全額返金制度を整え、お金の不安なく留学を実現することができます。他の語学学校では見たことのない制度です。

全体として、他の学校にはない独自の制度やカリキュラムを持っているのがMonolの特徴だといえます。

  • できるなら安く留学に行きたい
  • 主体的に勉強したい
  • お金の不安もできるだけ減らしたい

そんな方は迷わずMonolに行くことをおすすめします。

最大で15000円割引!読者限定特典あり

現在、よじはん生活の読者限定で、4週間ごとに5000円の授業料割引を行っています。(最大15000円)

留学をご希望の方はLINE@でお気軽にご連絡ください。

ソロもん
人数に限りがあり、完全先着順ですのでお早めの行動をおすすめします。

よじはん生活 with Givers Network

よじはん生活は「株式会社 Givers Network(旧称WiLL)」と連携して留学のサポートをおこなっています。

Giversは2014年から100名以上を留学に送り出す信頼と実績のあるエージェントです。

僕も実際に当エージェントを経由して留学にいったのですが、最初から最後まで懇切丁寧にサポートしていただきました。

Giversは取締役であるYoshitakaさん夫妻によって運営されており、安心して相談できる環境があります。

僕が留学にいったときはYoshitakaさんの奥さん(バイリンガルで英語ペラペラ)から、

  • オンラインレッスン
  • 自己紹介の添削
  • 勉強のやり方

など手厚すぎるサポートを受けました。

ソロもん
さすがに負担が大きくなり、現在はここまでのサポートはやっていないようですが…(笑)
とにかく親切で留学生思いのエージェントであることは確かです!

Giversを通じて留学に行ったメンバーは、

  • 外資系企業内定
  • 海外企業に就職
  • 海外の大学に進学

など世界中で活躍されています。

帰国後の就職サポートも行っているので、仕事を辞めてからでも安心して留学に挑戦できるかと思います!

関連記事:こちらの記事も読まれています

フィリピン留学の穴場!一見地味なバギオをおすすめする5つの理由

【保存版】バギオのおすすめ語学学校5選!特徴・料金を一挙に公開

【フィリピン留学】4週間、8週間、12週間で到達可能なレベルとは?

【フィリピン留学】1ヶ月でも効果あり!得られるのは根拠のある自信

【バギオ一のスパルタ】PINES(パインス)の特徴3つを分かりやすく解説

スポンサー