【TOEIC】リスニングPart3、4の攻略には7周シャドーイングが最適!

ソロもん
こんにちは。
朝活ブロガーのソロもんです。
( @yojihan_Solomon )
前回はリスニングの勉強においてシャドーイングが最強である理由をお伝えしました。

ソロもん
まだ読んでない方は必ずこちらからご覧ください。
シャドーイングの威力をご理解いただいたところで、今回はその具体的なやり方について詳しく見ていきます。

リスニング弱者だった僕が455点を取るまでに何をやったのか?

この記事を見ればそのすべてを知ることができます。

最適なシャドーイング練習法を身につけて、リスニング400点をちゃちゃっと達成しましょう!

ソロもん
それでは、
レッヅしゃどーいんぐっ!

シャドーイング練習で使う教材

ソロもん
はじめに推奨教材をお伝えします。

シャドーイングの教材にはかならず公式問題集を使ってください。

公式問題集は量・質ともに100点満点。巷に溢れるノウハウ系の問題集は一切やらなくて大丈夫です。

僕はこの2冊だけを繰り返して900点越えを達成しました。

試験日がせまっており時間が取れないという方は青い方だけで十分です。

ピッコロ
1冊目を穴があくほどやりこんだし、そろそろ新しい刺激が欲しいな~
という無双状態になったら黄色の方にも挑戦しましょう。

まずは1冊を完璧に仕上げる。

ソロもん
これが僕が提唱する勉強法の大原則です。

具体的な手順

さて、教材を揃えたところでシャドーイングを練習する流れをご説明します。

シャドーイングの練習には色々なやり方がありますが、ここでは確実に本質的な力が身につく7周勉強法を使います。

ピッコロ
7周勉強法とはなんぞや??
という方はこちらの記事をご覧ください。
ソロもん
よじはん生活の真骨頂であり、さまざまな勉強に応用できる超優秀な方法です。読んでおいて絶対に損はありません!
7周勉強法の名の通り、1つの問題集を7周かけてやり込みます。まずは全体の概要から。

  1. 1周目 普通に解く
  2. 2周目自信のない問題を3回聞く
  3. 3周目 精読&音読10回
  4. 4周目テキストを見ながらシャドーイング
  5. 5周目〜7周目テキストを見ずにシャドーイング
ソロもん
1つずつ見ていきましょう。

1周目:普通に解く

1周目はCDを流してPart3、4を普通に解いていきます。

このとき、確実にできたという自信のある問題は×をつけておきましょう。2周目以降の目印にするためです。

できなくても凹む必要はありません。最初はほぼ全ての問題で自信がなくて当然です。

今の実力を把握できればいいや。ぐらいの気持ちで取り組んでください。

ソロもん
ちなみに、「なんでPart1ではなくPart3、4から始めるの??」という方はこちらの記事をご覧ください。

最速で結果を出す勉強手順について詳しく書いています。

ソロもん
ちなみに、問題を解いたあとに丸つけはやらなくて大丈夫です。
ピッコロ
え?なんで丸つけやらないの??
ソロもん
理由は簡単。
たまたま当たっちゃった時に復習しなくなるからだよ。
ピッコロ
なるほど、できた当たったが区別できなくなるからですね。納得。
1周目にの段階ではあえて丸つけせずに2周目に進みましょう。

2周目:自信のない問題を3回聞く

2周目は×のついてない問題、つまり”出来た自信のない問題”を3回ほど繰り返して聞きます。

ここであなたの本気(ガチ)を出してください。

”解けなければ上からギロチンが落ちてきて首を切られる”

ぐらいのガチな気持ちで聞き取りましょう。

ピッコロ
よーし、本気出して解くぞ!!
ミスったらギロチン。
ミスったらギロチン。

~5分後~

ピッコロ
ぬおぉぉ!!
3回聞いてもできねぇ!!

もうちょっとのところでゴショゴショって逃げられて聞き取れない….泣
悔しい、悔しいよぉおお…泣

ソロもん
3回聞いてもできなかったか。
どう?悔しいでしょ?
ピッコロ
めちゃくちゃ悔しいです!!
結構ガチで耳をすましてトライしたのに。
ソロもん
その悔しさが上達のために大事なんだ。
ピッコロ
え?青春ドラマでしばしば登場する熱血先生キャラですか?
ソロもん
ちゃうわ!

解けなくて死ぬほど悔しい

その感情こそがこれからシャドーイングを練習するうえで重要なモチベーションになるってこと。

ピッコロ
ふむふむ。

まあ確かに解けなくてめちゃくちゃ悔しいけど、「絶対に復習して聞き取れるようになってやる!」という熱い気持ちは芽生えました。

ソロもん
そう!
それが本気で3回解く狙いだよ!
ピッコロ
はぁ〜。
僕はまんまと引っかかったわけか。
ソロもん
君以上にやりやすいモニターはいないよ。
ピッコロ
今日のギャラは多めにお願いしますね。
ソロもん
まあPVの伸び次第かな。
本気を出して3回聞く目的は、悔しさを感じるためです。

悔しい感情があれば、復習のモチベーションが湧いてきます。

あそこ何て言ってたんだろう?
なんで聞き取れなかったのかな?

のように、出来なかった原因を知りたくなるのです。適当にやって解答を見るのとでは感じ方が180度変わってきます。

ソロもん
復習のモチベーションを高めるためにも、本気で3回解くという過程は超大切にしてほしいです。

3周目:精読&音読×10回

2周目にいやと言うほど悔しい思いをしたはずです。いよいよ3周目で解答を見ます。

ピッコロ
よっしゃあ!合ってた!!
ピッコロ
なぬ?!ここ間違えてるやん、泣き泣き。
ソロもん
ピッコロ君。
ただ合ってた間違ってたと一喜一憂するのは三流のやることだよ。
ピッコロ
へ?!
ソロもん
このタイミングでやるべきことは
精読です。
ピッコロ
せ、せいどくですか。
解答を見た後はかならず精読をしましょう。問題文のどこに答えがあったのかを正確に読み解くためです。

  • 主語と述語 (SVOCみたいなやつ)
  • 時制
  • 使われている文法

これぐらいは最低限抑えておきましょう。

加えて、知らない単語や表現があればぜひこのタイミングで覚えてください。

やることが多く面倒に感じるかもしれません。

しかし、精読をすることによって音読の効き目が180度変わってきます。ここは何としてでも頑張りたいところです。

ソロもん
精読をしたら、いよいよ音読に入ります。

文の繋がりを意識しながら声に出して読み上げましょう。

数に制限はありませんが、とりあえず10回を目安にしてください。10回も繰り返せば、問題文をスラスラと読めるようになるはずです。

ピッコロ
口が勝手に英語を話すという感覚ですね。
ソロもん
そのとおり!
音読をこなすことにより、口が問題文に馴染み、その後のシャドーイングが随分とやりやすくなるよ!

4周目:テキストを見ながらシャドーイング×3回

音読を10回こなした後、いよいよシャドーイングのフェイズに入ります。

まずはテキストを見ながらシャドーイングに挑戦しましょう。 補助輪がついているため、そこまで難しくはないはずです。

ピッコロ
ここで何か意識するポイントはありますか?
ソロもん
基本的にCDの音声をサル真似すれば 大丈夫。

もし余裕があれば強弱のリズムを特に意識してみましょう。

  • どこを強く読んでいるのか?
  • どこで音を落としているのか?
  • どのように音が変化するのか?

CDの真似をすることで気づくポイントが必ずあるはずです。その気づきを大切にしてシャドーイングの練習に励んでください。

ピッコロ
了解しました!

5~7回目:テキストを見ずにシャドーイング

ソロもん
いよいよ最終フェイズ。
補助輪を外して自分の力でシャドーイングしましょう。

かなり読み込んできたつもりでも、意外にこのフェイズは難しいと思います。

テキストを手放すことで、これまで聞こえていたはずの音がなぜか聞き取れなくなります。

しかし、これで良いんです。

5周目の段階で聞き取れない箇所こそがあなたの伸びしろになるのですから。

どうしても追いかけられない箇所はテキストに戻って何度も音読してください。丸覚えするらぐらいの勢いで大丈夫です。

そして、追いかけられるまで何度もトライしましょう。

聞き取れない箇所を克服した分だけあなたのリスニング力はぐんぐん伸びていきます。

ソロもん
5周目〜7周目では、聞こえない箇所をとにかく反復して克服していきましょう。

問題集の歩き方

ピッコロ
ソロモン先生。
各周でやるべきことはよく分かりました。

それでは、Part 3、4 全体としてはどのような順番で進めたらいいですか?

ソロもん
なかなか良い質問ですね。
僕がおすすめする問題集の歩き方はこんな感じです。

基本的に、シャドーイングのフェイズに入るまでは、すべての問題をまんべんなく復習していきます。

これはモチベーションを維持するためです。

ちょっと考えてえてみてください。

Part3の問32~問34を何日もやり込んで、
ほかの問題はほったらかし
ソロもん
やる気出ますか?
ピッコロ
なんか、まったく進んでる気がしないです。僕なら問40ぐらいでドロップアウトしちゃいそう…。
ソロもん
そうだよね?

だからこそ、まずは簡単な作業をまんべんなくやって、全体を復習できてる感を持つことが大切なんだ。

ピッコロ
なるほど。よく分かりました。

シャドーイングの過程に入るまでは、すべての問題をまんべんなく復習してください。
a

  1. a問32~34を3回聞いたら
    a問35~問37を3回聞く
  2. a問98~100まで3回聞いたら
    a問32~34の精読&音読
  3. a問98~100まで精読&音読を終えたら
    a問32~34のシャドーイング
ソロもん
このようなイメージですね。
そしてシャドーイングのフェイズに入ったらあとは自由です。

  • ひたすら同じ問題をこなすのも良し
  • 平行して進めるのも良し

全体を復習してモチベーションは確保されているため、あなたの好きなようにシャドーイングを深めてもらって大丈夫です。

気が済むまでシャドーイングの隠れた魅力を味わい尽くしましょう。

ソロもん
やればやるほど指数関数的に力がついていきますよ!

まとめ

以上、シャドーイングの具体的なやり方をお伝えしました。

  1. 1周目 普通に解く
  2. 2周目自信のない問題を3回聞く
  3. 3周目 精読&音読10回
  4. 4周目テキストを見ながらシャドーイング
  5. 5周目〜7周目テキストを見ずにシャドーイング

この手順でシャドーイングを反復することで、あなたのリスニング力は面白いぐらいに伸びていきます。

しかも、それは小手先のテクニックなんかじゃなく本質的な実力

ちょっとやそっとの傾向・難易度変化ではびくともしません。

まるで巨大なブルドーザーのように、確実に得点を拾っていくことができます。

最初は上手くできなくてあたりまえ。それでも、やり続けさえすれば確実にコツを掴めます。

“誰でも簡単に盤石な力をつけられる”

それがシャドーイングの最大の強みなのです。

すぐさま、この画面を閉じてシャドーイングに挑戦してみてください。

  • リーディング
  • 単語、文法
  • Part1 描写問題
  • Part2 応答問題

やりたいことは山ほどあると思います。
しかし、まずやるべきことはPart3、4のシャドーイングです。

シャドーイングファースト。

この言葉を心に刻んでTOEIC対策に励んでください。1か月もやり続ければ、僕がこれだけ強くおすすめする理由が分かってくるはずです。

シャドーイングを完全にマスターしてTOEICのスコアを爆発させましょう!

ここまで根気強く読んでくださったあなたなら絶対にできると確信しています。

ソロもん
みなさんのTOEICスコア爆上げを心から応援しています!

関連記事:こちらの記事も読まれています

【TOEIC】4ヶ月で930点を取るために実践した勉強手順とは?

【TOEIC】リスニングを効率よく伸ばしたいならシャドーイング一択

【悲報】先読みではTOEICリスニングの点数が伸びない4つの理由。

【TOEIC】先読みを辞めただけでリスニングの点数が100点伸びた話

海外営業マンが語る!英語を使う仕事はストレスが3倍少ない3つの理由

スポンサー