【徹底分析】「ツッコミ」を科学する。なぜあの人はオモロイのか?

 

ピッコロ
こんにちは。

つぶやき大好きピッコロです。
( @yojihan_Solomon )

突然ですが、

「ボケ」と「ツッコミ」のどちらが笑いを取れると思いますか?

ソロもん
ボケの方がウケるに決まってるやろ!
と決めつけるのは実に浅はかです。

確かに、

  • ダウンタウンなら松っちゃん
  • 霜降り明星ならせいや

などボケの方が面白いことを言って笑いを取っているイメージがありますよね。

ところがどっこい、実は真逆なんです。

漫才をよく見ているとツッコミが発言した後の方が、圧倒的に笑いが起こっています。

今回は、一見目立たないツッコミに焦点を当て、真剣に科学していきたいと思います。

笑いはツッコミで起きる

笑いは必ずといっていいほど、ボケではなくツッコミで起きています。

嘘だと思うならテレビでやっている漫才を見てみてください。

ボケの方がおかしなことを言ったりしたりすると、観衆は笑いをこらえている様子がわかります。

そして、ツッコミの方が

”お前は〇〇か!”

とツッコミを入れた瞬間、火薬が爆発した花火のように、ドッと笑いが起こります。

あくまで笑いの量の話です。どちらが面白いかという話ではありません。

ボケだけでは笑いが起こらない理由

面白いことをしているのは明らかにボケの方です。それなのに、なぜボケ単体では笑いが起こらないのでしょうか?

それは、ボケている人のことはすぐに理解できないという前提があるからです。

ボケるというのは一種の狂気状態。明らかに普通ではない言動・行動をします。

その普通ではない状態に対して、観衆は「何か変だな」と感じます。

そう、未知との遭遇です。

少なくとも、

ソロもん
あ、いまこの人はこういう気持ちでこれをしてるんだ!

なるほどおもしろいなあ

と完全に理解して笑う人はいないと思います。

つまり、ボケた瞬間は、未知との遭遇の段階であり、面白さの全体像を理解することはできないのです。

人が未知のものを認識する仕組み

それでは、人は理解できないものに出会ったときどのように認識するのでしょうか?

ピッコロ
答えは単純です。
理解できるものにおきかえて認識します。

例えば、外国で全く知らない果物に出会ったとしましょう。初めて出会ったので、当然その果物を理解していません。

その時にこういう風に考えませんか?

  • 見た目はりんごみたいだな。
  • 少し苦味があってキウイのようだ。

このように、自分の知っている果物におきかえて考えますよね。つまり、

  1. 知らない果物との接触
  2. 知っている果物で例える
  3. おいしいorまずいという感情の発生

のプロセスを無意識に踏みながら、未知との遭遇がなされているのです。

ツッコミは未知のものを認識させる架け橋

ピッコロ
このプロセスをボケとツッコミに置き換えてみましょう。
  1. ボケの理解できない発言、行動を確認
  2. ツッコミが 知っている語彙に変換
  3. 観衆に面白いという感情が起こる

このように、一度自分の知っている世界まで落とし込んでから、笑いの量が決まるのです。

したがって、観衆の知っている世界まで事象を落とし込むことがツッコミの最大の役割だといえます。

ツッコミにより、未知なるものが観衆の知っている世界に導かれ、面白いという感情が湧き上がる。
ピッコロ
ボケではなくツッコミで笑いが起きる理由をお分かり頂けたでしょうか?

笑いはツッコミの腕で大きく変わる

ピッコロ
さらに重要なことがもう1つ。
それは、同じボケでもツッコミによって面白さが変わるということです。

せっかくボケが秀逸でも、ツッコミが次元の低すぎる世界に連れて行ったり、

理解できない世界に置き去りにしたりすると笑いの量は途端に激減します。

面白いツッコミはどれ?

ピッコロ
例えば次のような場面を考えてみましょう。

AとBが部活の後輩を連れてジュースを飲みながら帰っています。

すると段差の振動により、Aがむせて鼻からジュースが出てきてしまいました。

明らかにおかしな状態が出来上がっています。

そこでBがすかさずツッコミを入れます。

次のうちどのツッコミが一番後輩の笑いを取れるでしょうか?

  1. なに鼻からジュース出しとんねん!
  2. お前はボーちゃんか!
  3. お前は嘉門タツオか!

関西弁なのは特に意味はありません。

笑いのツボは人によって違うので一概に正解を決めつけるのは難しいかもしれませんが、あえて言うなら

②お前はボーちゃんか!

が正解 です。

知らない人のために

ボーちゃんとはクレヨンしんちゃんで登場するハナタレ小僧です。
(詳しくはこちら

解説

ピッコロ
納得がいかない方もいるかと思いますので解説していきます。

はじめに、

①なに鼻からジュース出しとんねん!

は次元がすぎるため不正解。鼻からジュースが出ている状態をただ口に出しただけです。

ツッコミとしてはいまひとつ意外性に欠けます。

③お前は嘉門達夫か!

は逆に次元がすぎます。

ピッコロ
僕は個人的に③が好きですが
嘉門達夫とは、かの有名な「チャラリ~ン 鼻から牛乳~」の作者です。

鼻から液体が出る

チャラリ~ン 鼻から牛乳~

作曲者の嘉門達夫

というロジックですが、いきなりその名前を出すのは飛躍しすぎています。

名前のマニアックさに意外性があり、笑いとしては成立していますが、ほとんどの方には伝わらないでしょう。

ピッコロ
サンドウィッチマンの伊達ちゃんはこのパターンのボケツッコミを多用しています
a


よって、相対的にがちょうどよく理解できる世界まで落とし込まれており、かつ意外性もあるため正解となります。

クレヨンしんシャンのボーちゃんならほとんどの方がよく知っています。

また、鼻からジュースを出している光景とハナタレ小僧のボーちゃんのまぬけさは容易にリンクするはずです。

しかし、普段の生活でボーちゃんを意識することはないため意外性もあります。

  • 誰でもよく知っている
  • ボケの状態と例えがリンクしやすい
  • 意外性もある

この3つの理由によりが正解と言えるわけです。

ソロもん
ふむ、なんか納得した。

笑いを引き起こすテクニック

これまで見てきたように、ポイントをしっかり抑えれば誰でも笑いを取ることができます。

ピッコロ
ずばり、笑いを取るポイントはこの3つです。
  1. 変なことを見つける
  2. ちょうどいい語彙で例える
  3. 周りを意外な世界に連れて行く

a
a
普段から何かおもろいことないかな?とアンテナを張ってみてください。

見つけたらちょうどいい語彙で例え、周りが意識していなかった意外な世界に連れて行く。

これを意識するだけで、面白いやつ認定を受けられるかもしれません。

面白いやつ認定を受けたら無敵

面白いやつ認定を受けたら鬼に金棒。多少次元を間違えて誘導してしまっても、

こいつが言うんだから面白いんだろうな

という面白いやつ補正が入り、簡単に笑いを取ることができます。

面白いことを言う人間は集団の中心になります。人脈も広がり、異性にもがんがんモテることでしょう。

自分を客観視して立ち位置を決めよう

しかし、ツッコミで連れて行く世界を間違えてしまうと大変なことになってしまうのは予想がつくかと思います。

そうです、面白くないやつ認定を受けます。

そのリスクを背負う覚悟がないなら、ツッコミは辞めてボケの方に回りましょう。

優秀な案内人があなたを笑いに変えてくれます。

別に笑いなんて取る気ない

と言う人は、笑う側として、笑いの量を増やしてあげてください。

よく笑ってくれる存在がいると、ボケやすくなり、ツッコミやすくなります。

そうすることで、集団内の空気がどんどん良い方向になっていきます。

自分がどこの役割が向いているかを見極めて、友人とのかけがえのない時間を過ごしてみてください。

ツッコミを科学すると自分の在り方が見えてくる。
これが、僕がみなさんに伝えたい結論です。
ピッコロ
最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事:こちらの記事も読まれています

人生で最もコスパが良いのは卓球部

遊戯王パックで確実にレアカードを当てる最強のサーチ法はこれだ!!

春になるとかんぴょう巻きを真顔で食べ続けた同期を思い出す。

コンビニのおにぎりは絶対に昆布を選べ!

Youtubeはなぜあんなに面白いのか?深層心理からみる5つの理由

【あるある】ドッジボールの元外野って強いやつが行くよな。

驚愕の事実?!20代で結婚するといくらお得なのか真剣に計算してみた

スポンサー