優先座席には進んで座れ!

ピッコロ
こんにちは。
つぶやき大好きピッコロです。
( @yojihan_Solomon )

みなさん、優先座席が空いているとき座っていますか?

ほとんどの方がNOと答えるでしょう。

しかし、僕は優先座席に座るべきだと思っています。

ソロもん
なんだこいつ、ふざけんなよ!
と思われた方。戻る画面のクリックはもう少し待ってください。

今回は優先座席に進んで座るべき理由をつぶやいていきます。

ソロもん
今、売り出しの時期だから炎上だけは辞めてくれよ。

優先座席には進んで座れ!

電車やバス等には優先座席という席が存在します。

「お年寄りや体の不自由な方、妊婦の方が優先して使える座席」

車内アナウンス等で”優先座席の定義”が流れてきますよね。

若者が優先席に座ることは滅多にありません、なんとなく座りにくいのでしょう。

しかし、それは大きな誤解です。

優先席には座っていい、いや、

ピッコロ
座るべきです。

なぜ優先座席に座れないのか?

みなさんに質問です。

ピッコロ
なぜ優先座席には座りづらいのでしょうか?

このような経験があるはずです。

ソロもん
お、席空いてるし座ろう♪
ソロもん
あーでもここ優先席かー…。しゃあなし立っておくか。
席が空いているのに誰も座らず、若者が集団でたくましく足腰の筋トレをしているようにさえ見えるこの不思議な空間

ピッコロ
この光景に疑問を抱かなかったあなたは自分の脳で物事を考える能力が低下しています。
ソロもん
なんだと!!
もちろん冗談ですが、なぜ優先座席に座らないのでしょうか?
ソロもん
そんなの、席を必要としてる人がいるからに決まってるでしょ!
こんな回答をする脳内お花畑の人はなかなかいないでしょう。
脳内お花畑の人
なぬっ…。

席が空いてるのに座らない若者の心理をズバリ言い当てます。

それは、みんなが座っていないからです。

なんとも日本人らしいですね。

  • みんながやらないことはおかしいことだ
  • おかしいことをすると白い目で見られる

この2つの前提が優先座席に座らない原因です。

ソロもん
言われてみれば確かにそうかも…。

決して善意で立っているのではありません。

優先座席付近で座らず立っている常識的な私を演じだけなのです。

注意
ピッコロの独断と偏見による意見です。
なにも悪いことではありません。

誰に迷惑をかけてるわけでもないですから。

優先座席ではびこる悪者たち

しかし、次のように考えてみると優先座席には進んで座るべきだと気づくはずです。

まず共通認識として、

  • 優先座席を必要する人は必ず存在する
  • 席は空いていないと座れない
  • 人に席を譲るといい気分になる

というものがあります。

さらに、優先座席の意味を考えず、本当に席が必要な人に譲ろうとしない悪者の存在を想定します。

ピッコロ
電車でこんな人を見たことありませんか?
寝たふりをして席を譲らない人
▲ 座った瞬間アイマスクをつけて譲らない宣言をする人
ソロもん
いるいる!
おばあちゃんが辛そうにしてるのに見て見ぬフリ。
絶対に許せない!ぷんぷん!
この悪者の存在がキーポイントです。

悪者たちが優先席に座ると一巻の終わりです。

本当に必要としている人たちに提供する席の絶対数が減ってしまうからです。

ソロもん
それだけは死守しなければ!!

悪者を退治せよ!

ピッコロ
ではどうすれば良いでしょうか?

簡単なことです。

悪者を優先座席から退治すればいいのです。

つまり、いつでも席を譲れる善人で優先座席を占領するわけです。

ソロもん
なるほど!!賢い!!

すると、どうなりますか?

  • 必要であればすぐに察知して譲ってくれる
  • 困っている人の席が悪者から守られている

という、善意の塊のような座席が出来上がります。

ピッコロ
完全なる悪霊退散に成功したわけです。
ソロもん
やったね!

悪霊退散戦法のメリット

善人で優先座席を占領する悪霊退散戦法にはたくさんのメリットがあります。

人間観察能力が磨かれる

ピッコロ
メリットその1
人間観察能力が開発されます。

なぜなら、どんな人が席を必要としているのか判断しなければいけないからです。

  • おいくつぐらいの方なのか?
  • 妊娠されているのか?
  • 足に不自由はないか?

などを細かい動作から察する必要があります。

最初は鈍くて気づかないかもしれませんが、続けていけば必ずわかるようになるでしょう。

人間観察能力はいわば、他人のニーズを満たしてあげる能力です。

その能力は、仕事・恋愛・家庭・友人関係などすべてに活かされていくでしょう。

直接的に感謝され、快楽を得る

ピッコロ
それだけではありません。

席を譲ればとてつもなく感謝されます。

ただ席を譲っただけなのに、まるで正義のヒーローのように扱われます。

何のとりえもないソロもんであっても関係なくヒーローになれます。

ソロもん
誰が何のとりえもないフクロウやねん!
ルービックキューブめちゃくちゃ早く揃えれるわ!!

人助けをして得られる快楽ははんぱなく気持ち良いですよね。(無視)

こんなソロもんであってもたったの一動作で正義のヒーローになれる。

なんともコスパの良い所業です。

ソロもん
覚えてろよピッコロ

周りの雰囲気が明るくなる

ピッコロ
さらにさらに!
席を譲る行為は譲る本人だけでなく、

周りにいる人の心までも善でとかしてしまうのです。

席を譲る人を見ただけでも心が温まりますよね。

「日本は良い国だなぁ」(みつを)

と、なんだか良い気分で一日を過ごせるようになります。

席を譲る行為の影響力はとてつもなく大きいわけです。

優先席を見つけたら進んで座れ

ですから、優先席を見つけたら進んで座ってください。

そして一度席に着いたら、

ヒーロー
僕は悪者から民を守る正義のヒーローだ
ヒーロー
困っている人たちの声を見逃さないようにしよう

と意気込んでまわりを見てみてください。

別に電車に乗るたびにする必要はありません、疲れてしまいます。

なんとなく今日はヒーローになりたい気分だな

と思ったらやればいいのです。

そして自分の観察眼を鍛え、徳積みをしてみてください。

ピッコロ
みなさんがやさしい英雄となってこの世界に少しでも光が差すことを望んでいます。

スポンサー