100回以上歯医者に通った男が3年間虫歯ゼロに!その驚きの予防法とは?!

ピッコロ
一生懸命歯を磨いているのになぜか虫歯になってしまう。
ピッコロ
これまで何度も歯医者さんにお世話になってきた。
ピッコロ
虫歯になりやすい体質だと言われて激なえ。
ピッコロ
痛くて高い歯医者にはもう行きたくない!!
a
そんなお悩みを解決します。
a
ソロもん
こんにちは。
朝活ブロガーのソロもんです。
( @yojihan_Solomon )

a
僕はこれまでの人生で歯医者に10か所以上お世話になっており、同じように辛くて痛い経験をたくさんしてきました。

1つの歯を治療するのに15回ほど通ったにもかかわらず、最後は歯を抜いて入れ歯になった
という悲惨な過去もあります。

ソロもん
それだけにみなさんの悩みが痛いほどよく分かる。
ピッコロ
歯だけに。
しかし、現在はなんと!!

3年連続で虫歯ゼロ!!

ソロもん
歯科検診全て合格です!!
なぜ僕が虫歯と無縁の生活になれたのか?

それは、これまで一切やってこなかったある予防法を取り入れたから。

ということで今回は、万年歯医者通いだった僕を救った予防法について詳しくお伝えします。

ソロもん
昔の僕と同じように悩んでいる方には絶対におすすめしたい予防法です。ぜひ一度ご検討ください。

どれだけ歯を磨いても虫歯になるのは本当に辛かった

ソロもん
はじめに、昔の僕がどれほど辛い思いをしてきたか共有させてください。

通った歯医者の数はなんと10か所以上!

僕がどれぐらい歯医者にお世話になっていたのか、これまでに通った歯医者さんを数えてみました。

驚くことなかれ。その数なんと、

覚えている範囲で10カ所!

ピッコロ
ひぇぇー!
ソロもん
忘れているのを含めたらもっとあるかもしれません。

1カ所で平均10回ほど通っていたので、

  • 回数でいうと100回以上
  • 額でいうと50万円以上

を歯医者に費やしたことになります。

ソロもん
通いすぎて歯の治療法を完全にマスターした説まである。
ピッコロ
それは嘘だろ。

それぐらい僕は虫歯になりやすい体質だったのです。(今も)

どれだけ歯を磨いても効果ゼロ。半年ぐらい経つと歯が痛くなり、歯医者にいくと複数個の虫歯が発見される。

ソロもん
なんで僕だけこんなに虫歯になるんだ!!

ひどい時は虫歯が原因でになりかけたときもあります。

これからの人生もずっと虫歯と闘い続けないといけないのか。と。

今では3年連続で虫歯ゼロ

ソロもん
しかし!!
そんな僕でしたが今では歯医者と無縁の生活を送れています。

定期的な歯科検診では虫歯判定ゼロ。

ソロもん
ただし、歯の磨き方が雑だと注意さらることがあるのでそこは頑張っていきたいところです。

虫歯がない生活は快適そのもの

  • 歯医者に通う時間
  • 恐ろしく高い治療費
  • キィーーンとしたドリルの痛み

その全てから完全に解放されるのです。

ソロもん
虫歯になりやすい人からしたら考えられない生活ですよね?

歯医者の先生に言われた衝撃のひとこと

僕が健康的な歯を手に入れたきっかけは4年前に通っていた歯医者さんとの出会いにありました。

それまでの僕は怠惰そのもの。

先生から歯磨きとフロスの大切さを何度も説かれるも聞く耳ゼロ。

なぜならクソ面倒だから。

朝昼晩に鏡とにらめっこしながら歯磨き。おまけにフロスもやるなんてできるはずがありません。

やっていたのは朝と晩の自己満歯磨きのみ

そんな僕に先生は衝撃のひとことを放ちました。

先生
ソロモンさん。もう歯磨きはしなくていいので、フロスだけは毎日やってもらえませんか?
ソロもん
え?!歯磨きしなくていいんですか?!
先生
はい。本当はどちらもしなければいけません。

しかし、面倒臭がって歯磨きを手抜くぐらいならフロスだけやった方が数倍マシです。

 

面倒くさがり屋を動かすために先生が放った最後の切り札でした。

歯磨き信者だった僕にとって、その言葉はあまりにも衝撃的。

 

歯磨きをせずに、フロスだけをやる。

 

たしかにこれなら僕でも出来そうだ。

僕はそれから毎日フロスだけは欠かさずやるようになりました。

ソロもん
結果的には歯磨きもやるように説教されたんですけどね。
先生
まあ、フロスを始めるきっかけにはなったからいいでしょ?
ソロもん
はい、先生には大変感謝しております。

なぜフロスをすべきなのか?

先ほど、歯のケアにはフロスが必須であることを僕の衝撃的な経験からお伝えしました。

なぜ歯磨きを捨ててまでフロスをやるべきだったのか?

そこには3つの理由がありました。

虫歯の一番の原因は歯の隙間のよごれ

先生曰く、虫歯の一番の原因は歯ブラシでは届かない隙間のよごれ。

見ての通り、歯ブラシでは絶対に届かないんですよね。

一方でフロスだとこんな感じ↓

きれーいによごれを除去することができます。

虫歯の一番の原因は歯の隙間のよごれであり、それはフロスでしか取り除けない。
これがフロスをやるべき最大の理由です。

歯磨きはただの自己満

そして先生が2つ目に主張していたのがこれ。

歯磨きは自己満にすぎない。

この言葉は当時の僕に重く突き刺さりました。

たしかに歯磨き粉をつけて歯ブラシを口に突っ込めば、なんとなく磨いてる感が出ますよね?

しかも、ほとんどの人にとって歯磨きはながら作業

  • Youtubeを見ながら
  • テレビを見ながら
  • LINEををしながら

なんとなく口の中でシャカシャカ動かすだけ。

鏡の前で100%集中してブラシを当てている人が果たして何人いることでしょうか。

ただでさえテクニックを要するのに、集中してやっている人はほとんどいない。

そう、歯磨きはほとんどの人にとってスッキリするための自己満でしかないのです。

フロスはずさんな人でも最低限のよごれは落とせる

3つ目の理由は除去レベルのボトムアップ

言い換えると、どれだけ手を抜いたとしてもフロスを使えば最低限のよごれは落とせるということ。

一度フロスをやれば分かりますが、歯の間にはかなり多くのよごれが溜まっています。

ピッコロ
ひぇぇーーー!!!
見てくださいこれ。ちょっと糸を通しただけでどっさり
ソロもん
食事中の方もいるので画像は載せません。ピッコロのリアクションから想像してください(笑)

歯磨きではこのよごれが全く取れていないのです。

ピッコロ
考えただけで恐ろしい!

しかし、フロスであればど素人が適当にやってもある程度は除去できる。

なぜなら、

歯の隙間に糸を通してゴシゴシする。
という動作は共通して行っているから。

技術の差はあれど、最低限の動作はできているわけです。

これが、テクニックを要する歯磨きとの大きな違い。歯磨きの場合、下手くそがやると殆どよごれは落ちていません

ソロもん
みなさんも歯医者さんから歯の磨き方についてうるさく言われたことありませんか?
あんなのできるわけありません。

  • ただでさえ忙しい
  • 自分では見えない
  • よごれが落ちている実感がない
  • 奥の方はブラシを当てづらい

そんな状況で歯磨きを完ぺきにできる人のほうが強者です。

だからこそ、フロスによって最低限のレベルまでボトムアップする必要があるんですね。

僕を救ったオーラルフロス

ここまで、フロスケアの重要性についてお伝えしてきました。

それでは具体的にどんなフロスを使えばいいのでしょうか?

世には実に多種多様なフロスがありますが、僕が自信を持っておすすめするのがこれ。

全国の歯医者さんで使われているオーラルケアフロアフロス!(税込み2719円)

僕は歴4年のヘビーユーザーです。

このフロスの強みを3つほど紹介します。

歯医者さんが使っているので安心できる!

一番の強みはこれ。

歯医者さんが使っているので安心!

僕は通っていた歯医者さんにこのフロスを教えてもらいました。

プロが使っているのであれば

  • 品質
  • 歯との相性
  • よごれの除去レベル

といった信頼性が確保されています。

歯は一生をともにする大切なパートナー。どうせなら安心して使えるものを選びたいものです。

歯を傷つけないやさしい繊維

ソロもん
強みその2!

材質が歯にやさしい

歯医者さんがこのフロスを使う一番の理由がこれでした。

ぽんきち
そこらへんの薬局で売っているフロスは、とにかく歯を傷つけやすい。

表面がザラザラしたものが多く、やればやるほど歯に小さな傷ができてしまい、虫歯ができやすくなる。

a

下手なフロスを使うと逆に虫歯ができやすくなるということですね。

ピッコロ
ひぇぇ!!
しかし、フロアフロスは歯を傷つけない優しい繊維でできており、安心して使えるとのことでした。

たしかに使ってみたら、触り心地磨き心地がそこらへんのフロスとは全然違う。

安いフロスにありがちなゴリゴリ感がまったくありません。

やさしい繊維で歯を傷つけないというのがフロアフロスの大きな強みといえるでしょう。

コスパが良い

最後の推しポイントはこれ。

意外にコスパが良い。

フロアフロスの販売価格は2700円。一見高く感じるかもしれません。しかし、予想とは反対でめちゃくちゃコスパ良いんです。

なぜなら、超特大ボリュームだから。

その長さはなんと250m!

25mプールでは5往復分に相当します。

ピッコロ
絶妙にわかりづらい例えやな。
僕は一回のお手入れで約50cmほど使っていますが、3~4か月は余裕で持ちます。

a

ソロもん
僕はかなり贅沢に使っているので、控えめな人なら半年ぐらいは持つかもしれません。
毎月となると2700円は大きな出費ですが、3~4か月に一回なら1月あたりたったの700円。

時間とお金をかけて痛い歯医者に行くことを思えば、超お得な投資だと思います。

虫歯予防に投資して時間もお金も節約しよう!

以上、歯医者に10か所以上通った僕が、3年間虫歯ゼロになるために実践している予防法をお伝えしました。

やっていることは、

フロアフロス+歯磨き

それだけです。どれだけ疲れていてもフロスだけは欠かさずにやるようにしています。

歯医者に行くと、歯だけでなく時間お金も削られます。しかも、これだけ医療が発達しているのにめちゃくちゃ痛い

良いことなんて1つもありません。

しかし、僕のようにどれだけ歯を磨いても虫歯になりやすい体質の人っているんです。

そのような人は諦めるしかないのか?違います。

ちゃんとしたフロスで正しいケアを続ければ確実に予防することができるのです。

ぜひ、フロアフロスを日々のケアに取り入れてみてください。少しの投資で時間もお金も痛さも節約できる。非常にコスパの良い所業だと僕は思います。

僕と同じ悩みを持ったみなさんがこの記事を読んで、正しいケアを知ってもらえたなら嬉しいです。

一緒に虫歯ゼロの生活を目指しましょう!

ソロもん
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサー