【本気の人限定】早起きを成功させる最強の方法はこれだ!!

ソロもん
こんにちは。
朝活ブロガーのソロもんです。
( @yojihan_Solomon )

前回は、早起きを成功させる第一歩として、

早起きに失敗してしまう6つの原因について解明していきました。

ソロもん
まだ読んでない人は必ずそちらの記事からご覧ください。

今回は、早起き勝利への実践編として、

誰でも絶対に早起きできる超画期的な方法についてお伝えしていきます。

前夜に行う5つの準備

前回の記事で、私たちが早起きに失敗するのは、

  • 戦略がないから
  • 昨日の自分と今日の自分は別人だから

とお伝えしました。

早起きに勝つには前夜の準備が鍵です。

非常に重要なことなのでもう一度いいます。

ソロもん
前夜の準備が鍵です。

どれも簡単にできる準備です。面倒くさがらずに必ず実行しましょう!

それでは前夜に行う5つの準備を見ていきます。

寝室の暖房入りタイマーをセット(冬のみ)

ソロもん
準備その1
寝室の暖房入りタイマーをターゲット起床時刻の30分前にセットしてください。

補足
入りタイマーとは、ターゲット時刻に自動で電源をonにするエアコンの機能です。

これは、朝起きる前に部屋を暖かくして体温を上げておくためです。

朝の絶望的な眠さの原因は、体温が低いからとお伝えしました。(こちらを参考)

その対策として非常に重要な準備です。

はっきりと言います。

ソロもん
この準備がもっとも重要です
僕は入りタイマーセットを発明してから早起きの成功率が飛躍的にアップしました。

反対に、この準備を忘れた翌朝はかなりの確率で失敗しています。

騙されたと思ってやってみてください。起きた時の感覚が全然違いますよ。
ピッコロ
ソロもん先生、毎朝となると暖房代が気になるのですが…。
ソロもん
気にする必要はありません。
暖房の1時間あたりの電気代は約20円です。

早起きに勝利して時間を有効に使えることを思えば安いものです。

ここは惜しまず自己投資をしましょう。

ピッコロ
僕の所持金1000円だから半分以上なくなるのか.。とほほ…。
ソロもん
さすがにそこまで貧乏なやつがいるとは思わなかった…。
まだまだ読者目線が足らんな(反省)

ピッコロ
ちなみに、夏も入りタイマーをかけた方が良いんですか?
ソロもん
夏は不要です。むしろ、夏は暑すぎて起きたくもないのに起きてしまうぐらいですからね。
ピッコロ
なるほど。そういえば、僕の家入りタイマーがなかった!
どうしたらいいですか?
ソロもん
(こいつ、めっちゃ質問してくるやん。ここは我慢我慢。)
ソロもん
入りタイマー機能が無い場合は、起床30分前に一瞬だけ目をあげて、暖房をONすれば大丈夫だよ。
ピッコロ
くぅ、めんどくさいな,,,。
ソロもん
ボタンを押すぐらいは頑張れよ!
一生寝とけ!このマヌケふくろう!
ピッコロ
(やべっ、ついにキレた。)
ソロもん
とりあえず、入りタイマーのセットは超重要なので必ず実践しましょう!

 アラームをセット

ソロもん
気を取り直していきましょう。
準備その2!
スマホでも目覚まし時計でも構いません。 ターゲット時刻にアラームをセットしてください。

また、個々人の好みで、

スマホを枕元から離れたところに置く
ターゲット時刻の1時間前にクッションアラームをセットする

などの工夫をしてみても面白いですね。

次の日の着替えを作業デスクに置く

ソロもん
準備その3!
寝る前に、次の日の着替えを作業デスクの上に置きましょう。

目的はこの2つです。

  •  勝利までのハードルを低くする
  • 翌朝の自分に早起きの意志を引き継ぐ

前回の記事で、

起きる=完全に着替えて、外に出られる状態

とお伝えしました。

言い換えると、着替えを完了することが勝利のゴールテープです。

次の日の着替えが、

  • クローゼットの中に眠っている
  • デスクの上にセットされている
ソロもん
どちらが楽か一目瞭然ですよね?
ゴールテープは少しでも近くしておきましょう。

さらに、デスクに置かれている着替えを翌朝の自分が見ることで、
ピッコロ
昨日の俺、ここまでしてくれているのか、頑張らねば!
と奮い立たされます。

何度も言いますが、翌朝の自分は圧倒的にザコいです。

これぐらいしてあげないと翌朝の自分を勝利させることはできません。

ピッコロ
普段でもザコいのに、朝一の自分はどれだけザコいんだろう…。
ピッコロ
って誰が普段でもザコやねん!
ソロもん
情緒不安定すぎる…。

 ペットボトルに水を入れてベッド付近におく

ソロもん
準備その4!
ペットボトルに水を入れてベッド付近に置きましょう。

目的はこの2つです。

  • 身体を目覚めさせる
  • 超えやすいステップを設ける

起きて水を飲むことで、身体は少しだけ目が覚めます。

また、水を飲むことは「ベッドから出ること」よりはるかに簡単なステップです。

何事も勝利の鍵は、確実に超えられるステップを設けて達成感を産み出すことです。

そのためにも、この準備は非常に大切です。

ソロもん
3カ月続けた今でもこのステップに助けられています。

ターゲット時刻の6時間前には完全に寝る

ソロもん
最後の準備です。
早く寝ましょう。
ピッコロ
それだけかーい!どてん
早寝早起という言葉があるように早起きと早寝はセットです。

夜更かしをして翌朝5時に起きるのは絶対に無理です。

ソロもん
僕は4時半起床を徹底していますが、夜は22時に布団に入り、22時半には完全に眠りについています。
ピッコロ
小学生みたいな生活スタイルやな…。
ソロもん
無視無視。

当たり前ではあるものの、非常に重要な準備です。

睡眠時間はしっかり確保しましょう!

翌朝行う7つのステップ

さて、5つの準備が整いました。あとは準備の成果を発揮するだけです!

当日に行う7つのステップを見ていきましょう!

ソロもん
僕の経験をもとに、各ステップ終了後の覚醒度も示していますので参考にしてみてください。

 電気をつける (覚醒度1%)

ソロもん
ステップ1
アラームを止めて電気を全開につけましょう。
注意
他に寝ている人がいる場合、このステップはとばしてください。一生恨まれますよ(経験者は語る)
ちなみに、入タイマーのおかげで部屋はすでに暖かくなっています。

起きた瞬間、
ピッコロ
あれ?いつもと違うな?
と感じるはずです。

水を飲む (覚醒度10%)

ソロもん
ステップ2!
前夜に準備した水をぐびぐびと飲んでください。

ベッドから出ることはできなくとも、水は飲めるはずです。

決定打にはなりませんが、少しだけ目が覚めます。

しかし、まだまだ油断はできません。

二度寝の誘惑が次々と襲ってきます。

ピッコロ
二度寝モンスターから逃げろー!
ソロもん
なんと賑やかなフクロウだ。

スマホでSNSやLINEなどを確認する(覚醒度25%)

ソロもん
ステップ3!
次に、スマホでSNSやLINEを確認します。
明日から使える豆知識
LINEはSNSではないらしい。
朝起きてすぐにSNSを見る目的はこの2つです。

  • 覚醒度に合った動作をできる
  • スマホのブルーライトで目が覚める

たとえば、寝起きですぐに難しい論文は読めなくても、SNSやLINEを確認するのは簡単にできますよね。

ピッコロ
それなら楽勝です!
ソロもん
失敗する人は共通して寝ぼけた状態で難しいことをやろうとしています。
ピッコロ
確かに,,,。
起きてすぐに単語帳を見てたら、一瞬で二度寝モンスターに襲われてる気がする…。

だからこそ、覚醒度に合った動作で少しずつ目を覚ますことが重要なのです。

ソロもん
さらに、もう1つ。
この動作は、スマホのブルーライトは興奮して眠りにつけなくなるのを逆手にと っています。
ソロもん
夜にスマホを見過ぎて眠れなくなることってありませんか?
ピッコロ
毎日その現象に陥ってます。
ソロもん
スマホが発するブルーライトは神経を興奮させる悪いはたらきを持っているんだ
ピッコロ
なるほど!つまりそのブルーライトのはたらきを使って逆に目を覚ますということですね!

ソロもん
その通り!
ピッコロ
なんと賢い!
ソロもん
まあ、科学的に効果があるかは知らんけど。
ピッコロ
いや、そんだけ言っといて証拠はないんかーい!

 ベッドから出て顔を洗う(覚醒度50%)

ソロもん
ステップ4!
ここで初めてベッドから脱出します。

ベッドの中でいくつかのステップを踏んできたため、この挫折ポイントもなんなく超えられるはずです。

そして、勢いよく冷たい水でばしゃばしゃと顔を洗ってください。
ソロもん
朝に浴びる冷たい水は最高ですよ。 (ドM)
注意
この覚醒度でシャワーを浴びるのは難易度が高いので、早起き初心者は避けたほうが無難です。

モチベーションを再確認できるものを読む(覚醒度70%)

ソロもん
ステップ5!
モチベーションを再確認させてくれるものを読みましょう。

着替えるのはまだ先です。
ピッコロ
まずい、早とちってパンツ脱ぎかけてた…。
ソロもん
いや、いくら早とちってもパンツは脱ぐなよ。
ピッコロ
まだ着替えちゃダメなの??焦らすの好きだなぁー。
ソロもん
まだダメです。

なぜなら、まだそれを行うのに十分な覚醒度ではないからです。

覚醒度に超えた動作をすると一瞬で二度寝モンスターの餌食になります。
ピッコロ
ひえぇー!
先ほどお伝えしたように、翌朝の自分は圧倒的にザコいです。

早起きのモチベーションなんて記憶の彼方に飛んでいます。

だからこそ、モチベーションを思い出す動作が必要なんです。

  • 感銘を受けた本
  • 成功した人の動画
  • 自分で立てた目標ノート
  • 過去最悪のテストの結果

などなど人によって、早起きを決意するきっかけとなったものが絶対にあると思います。

モチベーションを再確認することは、早起きで作った貴重な時間を濃密に過ごすためにとても重要です。

ソロもん
僕はブログ執筆を始めるきっかけとなった記事を何度も読んでいます。

完全に着替える(覚醒度85%)

ソロもん
ステップ6!
モチベーションを最大限に高めたうえで、ようやく着替えます。
ピッコロ
待ってました!
前夜準備のおかげで着替えはすべてデスクの近くに揃っているはずです。

ここまで来れば勝利は目前です。

ヘアセット、化粧をおこなう(覚醒度100%)

ソロもん
ステップ7!
二度寝を完全に絶つために、ヘアセット・化粧まで終わらせてしまいましょう。

ごくまれに、スーツの状態で二度寝する強者もいますので(笑)

これで完全に勝利です。

おめでとうございます!
ピッコロ
やったー!完全勝利バンザーイ!

まとめ

以上、絶対に早起きを成功させるための5つの準備および当日行う7つのステップをお伝えしました。

何度もお伝えしましたが、早起き成功の秘訣は前夜の準備です。

当日はその準備の流れに乗っていけば自然と起きれます。

騙されたと思って、一度実践してみてください。

これまでとは違った何かを実感いただけると思います。

ソロもん
このブログをきっかけに優雅な朝活を送れる方がひとりでも増えることを願っています!

早起き必勝法のおさらい

最後にもう一度おさらいしよう!

前夜の5つの準備
寝室の入りタイマーをセット
アラームをセット
着替えを机の上に準備
ベッド付近に水を用意
ターゲット時刻の6時間前に寝る
翌朝行う7つのステップ
電気をつける
水を飲む
スマホでSNSやLINEを確認する
ベッドから出て顔を洗う
モチベーションを再確認する
完全に着替える
ヘアセット、化粧をする
ソロもん
これで君もよじはん生活の仲間入りだ!!

スポンサー