そうだったのか!私たちがどうあがいても早起きに失敗する6つの原因

 

ソロもん
こんにちは。
朝活ブロガーのソロもんです。
( @yojihan_Solomon )
明日は重要な試験。時は23時。

やらなければいけないのは分かっているけど、とにかく眠い。

「よし!明日5時に起きてやろう!」

翌朝。時計を見ると7時50分…ORZ
全国各地でテスト直前に見られる光景です。

  • 早起きは三文の徳
  • 成功者は共通して早起き
  • 朝を制する者は人生を制する

早起きの圧倒的メリットを頭ではわかっていても、いざ挑戦すると二度寝の快楽に負けてスヌーズに手を伸ばす

ピッコロ
今日はしょうがない、明日から頑張ろう
ソロもん
ピッコロ君を含め、多くの方がこの繰り返しかなと思います。

初期症状では、自分の意志の弱さに嘆き、末期になると、

ピッコロ
そもそも早起きができない体質なんだ!

と、さも生まれつき決まったかのうように諦め、逆ギレします。(しない)
ソロもん
でも、安心してください。
早起きができないのは意志が弱いからではありません

そこには、私たちが知っているようで知らなかった6つの原因があったんです!
ピッコロ
なんだって!(打ち合わせ通り)
あまりにも多くの人が、幾度となく早起きに失敗しておきながら、その原因を知らずにいます。
ソロもん
敵を倒したければ、まず敵を知りましょう。

今回は、早起き完全勝利への第一歩として、

なぜ私たちが早起きに失敗するのか、その原因を解明していきたいと思います。
ピッコロ
ふむ。
なかなかおもしろい。

朝は体温が低い

ソロもん
原因その1!
どんなに頑張っても絶対に朝起きられない、低体温症という病気があるように、体温が低いと超絶眠くなります。

睡眠に入ると体温の基準値が下げられることにより、代謝が低下し、体内で生み出される熱の量(熱産生)が少なくなる」ためです。
(参考:http://www.terumo-taion.jp/health/sleep/01.html

つまり、眠気と低い体温は密接に関係しているんです。

ソロもん
 雪山で遭難した人は死を直前にしながらも眠くなってしまうのはこのためです。

モチベーションが弱い

ソロもん
原因その2!
モチベーションが弱いともちろん早起きなんてできません。

むしろ、早起きを成功させたい圧倒的な理由がない限り早起きなんてきついだけなのでする必要ないと思います(笑)

ソロもん
このブログにたどり着いた読者の方は、強いモチベーションがすでにあると思いますのでこれには当てはまりませんね。

寝る前の自分と翌朝の自分は別人

ソロもん
原因その3!
「寝る直前の自分」と「起きてから睡魔とたたかう自分」は完全に別の人間です。

さらに言うと、翌朝の自分は圧倒的にザコいです。びっくりするほど意思が弱く、すぐに諦め、有言不実行です。

なぜなら、睡眠によりいったん頭の中がリセットされて早起きしたいモチベーションが極端に弱くなっているからです。 

早起きを制するにはこのことをよく理解しておかなければいけません。

「起きる」の定義があいまい

ソロもん
原因その4!
「起きる」の定義があいまいだと二度寝の快楽に負けてしまいます。

たとえば、いざ早起きに挑戦しても「自分はもう起きているのか」分からないですよね。

少し時間が経ってから、「今日はしっかり勉強できたから早起きできたいんだな」と感じるくらいです。

つまり、私たちは早起きゲームをしておきながら、どうなったら勝利なのか?を知らずにいます。

ゴール地点を知らずにマラソンをしているようなものです。 これでは勝てるわけがありません。

それでは質問です。

ソロもん
起きるとはいったいどんな状態でしょうか?
  • 自分が起きたと思ったら
  • なんとなく眠気がさめたら
  • ベッドを出たら
  • 勉強や作業を始めたら

人によっていろいろな定義があると思います。

私はずばり、

完全に着替えて、外に出られる状態

と定義します。

なぜなら、その状態になれば絶対に二度寝できないからです。

つまり、早起きゲームにおいて最大で最強の敵を倒したことになります。

サラリーマンであれば、スーツに着替えて髪型をセットする。
女性であれば、着替えて化粧をする。
学生であれば、制服に着替える。
ピッコロ
こんな状態ですね。
この状態で二度寝をしたらどうなるのか…

簡単にイメージできると思います。

このブログでは、起きる=完全に着替えて、外に出られる状態と定義します。

戦略がない

ソロもん
原因その5!
早起きゲームをプレイするにあたり、戦略がないと簡単に負けてしまいます。

ソロもん
たとえば、テストに挑戦するときにノー勉で突撃しますか?
ピッコロ
僕はノー便で突撃してテスト中に脱糞したことがあります。
ソロもん
いや、カミングアウトのタイミング…。

脱糞野郎はほっとくとして、よほどの天才か諦めた人でない限り、

  • 過去の問題を解いて
  • 大問ごとの傾向を掴んで
  • よく出てくるパターンを反復して

と戦略を立てると思います。

テストに対してはみっちりと戦略を立てるのに、こと早起きゲームに対しては何の戦略も持たずに突撃しているんです。

せいぜい、ターゲット時刻の1時間前にクッションアラームをセットして、ターゲット時刻から5分おきに連続アラームをセットするくらいでしょうか。

戦略無くして勝利はあり得ません。

たかが早起きと侮らず、みっちりと戦略を立てましょう!

いきなり高いハードルを越えようとする

ソロもん
原因その6!
いきなり高いハードルを越えようとすると挫折します。

早起きにおける高いハードルとはずばりこの2つです。

  • ベッドから出る
  • パジャマから着替える

ほとんどの方がこの2地点でゲームオーバーになっているのではないでしょうか?

たとえば、朝アラームに気づいて目をあけてから、いきなりベッドから出て着替えようとしても、

ピッコロ
くそ眠いし、おふとんあったかくて気持ち良すぎ。もう無理。今日は早起きしなくてもいいや

と、あまりのおふとんの気持ちよさで秒速ノックアウトをくらいます。

小学生がいきなり微分積分に挑戦するようなものです。

困難は分割せよ

小学生はまず、加減乗除を覚えて分数の足し算を覚えて…のようにステップがありますよね。

ソロもん
早起きも同じです。
いきなり最終地点に行こうとするから二度寝の快楽に負けるのです。

超えやすいステップをたくさん設けることが勝利への鍵です。

まとめ

以上、私たちが早起きに失敗してしまう6つの原因についてみていきました。

早起きできない6つの原因
朝は体温が低い
モチベーションが弱い
寝る前の自分と翌朝の自分は別人
起きる”の定義があいまい
戦略がない
いきなり高いハードルを越えようとする
ソロもん
早起きに何度挑戦してもことごとく失敗してしまう原因がお分かりいただけたでしょうか?
ピッコロ
痛いほどよく分かりました。
ソロもん
知ることができただけで大きな進歩だね。

早起きを成功させるためには、この6つの原因を理解する

そして、それぞれの原因に対策を立てる。

この2つが超超重要です。

次回は、今回お伝えした6つの原因を完全に打ち破る最強の早起き法を紹介します。
ソロもん
6つの原因に対して綿密な対策をしている方法ですので是非ご覧くださいね!

 

今日のひとこと

下手くその 上級者への 道のりは
己が下手さを 知りて一歩目
(SLUM DUNK 安西先生より)

 

ピッコロ
次回の記事はこちら

スポンサー